2010年05月09日

ホームレステントに未成年が放火したらしいっす

ホームレスがいいのかわるいのかわかりませんが、放火はいけない。

ハウスレス、とは自分の居場所がない人のこと。
両親の中が悪かったり、虐待されていたり、大人の例で言うなら、
奥さん子供に冷たくされていたり、と。
ホームレスよりハウスレスの方がわたしは辛いかも・・・。

ホームレスの男性が寝ていたテントに火をつけ、
殺害しようとしたとして、兵庫県警尼崎北署は30日、
殺人未遂容疑で、いずれも尼崎市内に住む14歳の
市立中学3年の男子生徒2人を逮捕したそうです。

確かに尼崎ではひんやりジェルマットが売れません。


この中学生たちも、きっと何かに苦しんでいるのでしょうね。
で、弱者に当たったと。
先日、生田 武志 著「貧困を考えよう」を読んだのですが、
「ハウスレスな人とホームレスな人」の違いについて
言及されていました。

焼肉通販ショップ店長が語る焼肉の極意でも話にでました。


逮捕容疑は3月29日午前0時50分ごろ、
同市南武庫之荘の武庫川河川敷で、ホームレスの男性(65)が
住んでいた小屋のブルーシートにライターで火を付け、
殺害しようとしたとしているとのこと。
男性が無事でよかったです。

2人は男性に石を投げたら投げ返されたり、
喫煙を注意されたりしたことがあったとのこと。
調べに対し、「懲らしめてやろうと思っていた。
火をつけて、燃え移っても構わないと思った」と供述しているとか。
逆切れ!?

「懲らしめてやる」中学生がホームレスのテント放火
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000597-san-soci



中学生だからといって名前が公表されないなんていまいち。
posted by b14dayo at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。