2010年03月09日

餓死だけはやっちゃいけませんよね

奈良といえば奈良の大仏で有名です。

そんなに子供の面倒が見れないくらいならユーザー車検を使いましょう。

奈良県桜井市で5歳の男児が十分な食事を与えられず餓死した事件で、
保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の吉田真朱容疑者(26)が
「夫婦仲が良くないので、矛先が子供に向く」と話していたことが
福祉関係者への取材で分かったそうです。
子供への八つ当たりですか、最低。

また、そんなに大切なマルコを使ってもそんなことにはなりませんよね。

<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000056-mai-soci

参考:ロールケージ

長男智樹君は発見された時、やせ細り骨と皮の状態で、
紙おむつをして布団の上にあおむけになっていたとか。
可哀想・・・どんなに無念だったでしょう。
5歳ともなれば、感情や自我はありますから、
親を憎みながら死んでいったのか、最後まで、
望みを親に託しながら死んでいったのか・・・・。
本当にやりきれない事件です。

もうー、この親、無期懲役でお願いします!
こういう事件の裁判員に選ばれないかな、と不謹慎にも思います。
でも、徹底的に糾弾して退場になりそう・・・。


修学旅行で奈良に行きました。


posted by b14dayo at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。