2010年02月19日

若者狙いの漢方薬がある

いい線ついていますよね。

あと、携帯でもシステムトレード日経225先物ができます。

製薬各社が漢方薬事業を強化しているそうです。
自然の材料を使った“安全な薬”というイメージから国内需要は堅調だが、
「症状に合った商品が分かりにくい」「中高年向け」などの先入観もあり、
特に若い世代への普及が今後の市場拡大のカギを握るとのこと。

ロート製薬の漢方薬「和漢箋」シリーズは、商品パッケージに
効能を大きく表示、「溜まった脂肪を落とす」「乾燥肌のかゆみに効く」
などの分かりやすい表示が支持され、年商50億円のヒット商品と
なっているようです。
これは友人が飲んでいたので知っています。
体質に合わず高いという理由でやめてしまったみたい。

漢方薬「分かりやすさ」で拡大 若者狙い携帯型、通販も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100216-00000578-san-bus_all

参考:出産手当金 申請

体質(証)が合わないと逆効果になることもあるので、
漢方は安易に手をだすべきではないと考えます。
漢方を試したいなら、漢方薬局や、できれば漢方医のいる病院で
診断して処方してもらうのがベストでしょう。

これからは金先物も携帯化が進んできます。

たしかに解りやすいし使いやすい。
posted by b14dayo at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。